すぐうまくなるライディングテクニック


すぐうまくなるライディングテクニック

無意識にやってることが多いですが、意識的にやれば非常にバイクコントロー
ルが簡単になりますよ!
参考にしてくださいね。

・アクセル開けたままのコーナーリング

  特に登りのコーナーで、アクセル開けたまま曲がるときって、力でねじ伏せ
たり、極端なハングオンなどやってませんか?

  確かにアクセル開けているときは、直進安定性が高まっているので
曲がりにくいですよね。

  こういうときは、外側のハンドルをジワーッと引いてみてください。
(反対のようですが、これでバンクして曲がり始めます。)

  これって無意識にやってるんですが、意識的にやるとこの操作だけでバイク
は曲がっていきます。

  安全で簡単な方法なので、一度お試しください。


・アクセル開けたままの切り返し

  右から左に切り返す場合は、始め左のハンドルを引っ張っていますが、
両方引っ張りながらニュートラルに持っていき、今度は右だけ引きます。

  これだけで、体重移動しなくても切り返しができますよ!


・素早い切り返し方法

  緩やかなコーナーだと上記のように外側のハンドルを引くだけですが、
クイックに切り返したい場合は変わってきます。

  今度は逆に内側のハンドルを手前にチョンと引きます。

  そうすると、その反動で反対側に起きようとしますので、その反動を使って
切り返します。

  この力加減によっては、反動が大きくなりますので、軽い力から試して
くださいね。

  余談ですが、サーキットなどでウィリーしながらの切り返しは、このテクニック
を使う場合もありますよ。^^
この場合、ウイリーしたい訳ではなくて、早く切り返したい結果ウイリーして
いる訳なんですけどね。。。(笑)

 
また、ブレーキングで素早く切り返す方法もあります。

  バンクしたままブレーキをかけると、バイクは起きようとします。

  この勢いを使って、反対側まで切り返します。

  少し詳しく書きますと、ブレーキをゆっくり入力しフロントサスを沈め、
一瞬クッとブレーキを入れてそのときの起き上がる力を使います。

  やりすぎると危険ですので、はじめは感覚を掴む程度からやってみてくだ
さいね。

  当然ですけど、ウェット時は危険ですよ。。。


・コーナーの先読み方法

  初めて走る道などでは、コーナーを読む力がある人がスムーズに走れます。

  このコツは、コーナーの外側のガードレールの回りこみ具合、カーブミラーの
角度で判断します。

  詳しく説明しますと、コーナーに入るとイン側前方を見ると思いますが、それ
と同時にその先のガードレールとカーブミラーの角度も見ます。

  角度が90度の場合(ほとんどこちら向き)の場合は、その先非常にきつい
ヘアピンということがわかります。

  角度が45度程度だと、直角コーナー、それ以下の角度だと浅いコーナー。。。
という具合にです。


・ブレーキング

  これは小技ではないですが、安全な場所でフルブレーキの練習をやっておいた
方がいいですよ!

  リヤロックや、前後をかけての制動距離を短くする練習ですね。

  遊び感覚で、友達と競ったりすると、あっという間に上達しますよ!!!

  オフ車を持ってる方なら、砂地の安全なところで、フロントロックの感覚も
経験して、ロックしたときにブレーキリリースの練習をしておくとパニック
時に非常に役に立ちますよ。

  コーナーでコケル人は、直線でゆるーーくブレーキをかけて
(直線でかけれない?)
バンクさせながらブレーキの入力を増やすために、タイヤのグリップが負けて
しまいこけるんですね。

  上記のようなブレーキをかける練習をしておけば、直線でしっかり減速できる
ようになるので、かなり変わりますよ。


※余談
上に書いた、フロントブレーキがロックした際に、ブレーキを放す練習を
していると・・・

レースの時って、追い越すためにブレーキング競争なんて当たり前!

コーナー入口で限界のブレーキングをしながらバイクをバンクさせます。

やりすぎるとフロントタイヤのグリップが負けて、ロックしながらハンドルが
切れ込んでコケるんですねー。

こういうとき、ハンドルが切れ込んで来たらフロントブレーキを瞬間的に
放し、イン側に突き出している膝を路面に一瞬で押しつけて立て直します!


こんなこともできるようになるかも・・・!!!