ツーリングテクニック


かっこいいライディングフォーム


    オンロードバイク

バイク全般に言えることですが、ステップとシートの位置関係がどのようにして決められているかを知ってると面白いです。

純正バイクの場合、身長170〜175cmを標準として、ステップに真っ直ぐ立った状態から、真下に座った位置が設計された座る位置です。

そこからハンドルに手を書けた状態が、メーカーが決めたポジションになります。

オンロードの場合、ステップは足の指の付根で乗り、ハンドルは軽く握り、ひじを軽く曲げて内側に絞ります。

上半身は、くるぶし、ニーグリップでホールドした下半身をベースに、腹筋と背筋で支えます。

背中は猫背気味で、間違っても背筋は伸ばさないことです。
かっこ良くないっす。。。

あごを引き気味にして、上目遣いで前方を見る姿勢をとれば、これだけでかっこいいバイク乗りです!^^

コーナーリング時は、ツーリングレベルだとリーンウィズもしくは、軽いハングオンで、目線を水平のままコーナー出口側をみる。

このとき、あごを引いてないとかなり・・・変です。。。(笑)

バイクの倒し込みは、ブレーキとアクセルだけできっかけを作ります。

ステップワークなんてほとんど不要ですよ!(ハイペース時除く)

詳しくは、ブレーキング・コーナーリング・加速のコーナーをご覧ください。


    オフロードバイク

座る位置はオンロードとおなじですが、ハンドルの握り方とひじが違います。

ハンドルは、少しハの字型に握り(少し斜めに握る感覚です。)、ひじは上げて外側に張ったかっこがカッコいいです。

ステップは、オフの場合土踏まずでもいいでしょう。

バイクのホールドは、くるぶしとニーグリップ。

背中は軽く猫背気味で、あごを引いて上目遣いのフォームが決まります!^^

コーナーリング時は、リーンアウト気味で、内側の足は出さなくても十分曲がれます。

足を出した方がカッコ良かったりしますけどね。。。^^;;;

楽に乗るならブレーキとアクセルで、倒し込み・切り返しのタイミングを作ります。

オフでも、目線は水平のまま、あごを引いてコーナー出口を見ることですね。


    アメリカン

私は乗ったことがないので、なんとも言える立場ではないですが・・・(笑)

周りを見てると、恰幅のいい方が、ふんぞり返って乗ってる方が、様になるのではないかと思います。。。^^;;;





LINK: